プロに依頼した方がお得|中綴じ印刷のプロフェッショナル

封筒

封筒も便利になりました

透明封筒は、中身が見えるだけでなく、頑丈に作られていることや非常に安価で入手できることから、多くの人が利用しています。透明封筒はダイレクトメールの送付など様々な用途に活用されています。実際に利用した人からは開封する手間が省ける、高級感がある、雨の日でも安心できるなど、高く評価されています。

袋

商品を美しくみせる

OPP袋はハンドメイド品を売っている人や、ネットオークション・フリマアプリなどで不用品を売りに出している人にとってなくてはならない梱包袋として人気があります。OPP袋に入れることで、商品を衝撃から守ることができるでしょう。

印刷

名刺の印刷業者の選び方

名刺印刷の業者選びで大事なのは、自分がどんなコンセプトで名刺を必要とするかということです。例えば用紙にはこだわりたいという人は、特殊紙を扱う業者が良いでしょう。あるいは徹底してコスト削減を求める場合には、オーソドックスな用紙のみを扱う業者がお得です。

家庭用プリンターで本作り

女性

原稿作りから製本まで

自作で中綴じ印刷の本を作る場合は、まず道具から揃えましょう。必要なのは原稿を作るための道具として、パソコンとソフトがあれば便利です。印刷については、コンビニのコピーか家庭用のプリンターを使用します。この時プリンターを使用する場合は、一緒に印刷に使う紙も用意しましょう。また印刷用紙は、二つ折りにして使うので作りたい本の倍の大きさの紙を用意する必要があります。例えばA4サイズの本を作る場合は、A3サイズの紙を用意するといった具合です。あとはこれに製本用の中綴じホチキスを用意すれば準備は完了です。この中綴じ印刷用のホチキスは、通常のホチキスと違い綴じ部分が回転するので中綴じがずいぶんやりすくなります。次は完成原稿を用意して、それを面付けする作業に入りましょう。面付けは左側から開くか右側から開くかで違います。構造がわからなければ、いらない紙で本の見本を作ってページ数を書き込んでみましょう。それを分解してみれば、どのページにどのページを面付けすればいいか一目瞭然になります。ただ、こんな作業をしなくても中綴じ印刷向けに自動で面付けしてくれるソフトもあるのでそれを使ってもかまいません。その他にも、業者に依頼するという方法もあります。

中綴じ印刷を自分で行なう場合、準備にコストがかかってしまう他にも時間と手間もかかってしまうでしょう。ですが、専門業者に依頼することで時間と手間がかからない他、最近はリーズナブルな料金で中綴じ印刷をしてくれるのでコスト削減にも繋がります。依頼する中綴じ印刷の業者によって料金が違ってくるので、予めインターネットホームページなどでチェックしておくと良いでしょう。また、リーズナブルな価格で依頼できる中綴じ印刷業者の比較サイトもあるので参考にすることが可能です。比較サイトで自分に合った中綴じ印刷業者を探し、お得に利用していきましょう。